牛乳石鹸でクレンジングをしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のオススメする洗顔石鹸は、カウブランドの牛乳石鹸「赤箱」です。
もう10年以上使っています。
最初は皮膚科の先生に「あれこれ入っていないから、石鹸はこれが一番いいよ」と勧められたのがきっかけだったと思います。
牛乳石鹸には赤箱と青箱とありますが、成分の違いをご存じですか?
赤箱にはスクワランが入っているのです。
青箱が若干安いので、青箱を購入したこともありますが、そちらはさっぱりしすぎて肌がつっぱり、自分には合いませんでした。
そのスクワラン配合というのが自分には合うようです。
泡たてネットを使っていますが、泡立ちが良く、ほとんどの人が「これが石鹸のにおい!」と思うような
石鹸らしい香りもとても心地よいです。

洗顔クレンジングフォームは良いですね!

洗い心地がさっぱりして、しっとり感もあります。
最近は洗いあがりがしっとりする洗顔料が多く、流行りの商品もいろいろ試しましたが、
どうしても洗った気がしなくて馴染めませんでした。
また牛乳石鹸「赤箱」は洗顔だけでなく、もちろん体にも使えますので、非常に節約になります。
はやりのミニマリストというのでしょうか、髪も「赤箱」で洗うこともあるくらいです。

またグッドデザイン・ロングライフデザイン賞も受賞している品です。
発売当初からの愛されている長い歴史と、国産石鹸という安心感もあります。

使われている成分が他の有名商品やハイブランド商品より少なくて、本当に効果があるの?と不安に思うかもしれませんが、
足しすぎず、取り除きすぎず、の絶妙な使い心地です。

この石鹸を使うようになってから、ひどく肌が荒れたりすることがなくなり、肌がゆらごくとがなくなりました。
荒れそうになっても、無理にカバーしようとせず、肌本来の働きにより回復するよう側でサポートしてくれているという感じです。

見た目の話になると、どこにいっても必ず「肌がきれい」と言われます。
紫外線対策もしっかりしていて、色も白い方なので、「もとが綺麗なのね」とか「肌質が違う」などと言われます。
でも牛乳石鹸を使う前まではニキビも多く、ニキビ跡にも悩まされ、皮脂も過剰に浮いたりして、綺麗といわれる肌ではありませんでした。

実際「肌が綺麗」と言われたこともありませんでした。
肌がきれいに見えることで年齢もかなり若く見られます。
今も-5歳以上に見られることがほとんどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*